勤怠給与人事の便利メモ

勤怠管理、給与計算、人事管理などに関する便利な情報をメモ。

タグ:横浜市



財形新聞(2018/07/03)は、今年2月に横浜市鶴見区役所で発生したマイナンバーカードの盗難について記事にしています。
盗難されたマイナンバーカードなどは窓口に置かれており、担当職員が席をはずしたタイミングで盗まれたと見られています。
盗難されたのは交付前の未設定のマイナンバーカードであるため、住民票の交付等には利用できないとのこと。
カードに搭載された電子証明書については無効化を行っています。
しかしながら身分証明書として悪用されるおそれがあるとのことです。
 
財形新聞
交付前のマイナンバーカードが盗まれる 横浜市で



Security NEXT(2018/04/23)は、マイナンバー通知カードの再交付申請に対応した横浜市の職員が、業務で知った個人情報を私的に利用したとして、懲戒処分となったことを報じています。
横浜市によると、金沢区の戸籍課の職員が、マイナンバー通知カードの再交付申請に訪れた住民に対し、申請書に記載された連絡先に自身の携帯電話から連絡し、ショートメッセージを送信していたとのこと。


Security NEXT
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市



日本経済新聞(2018/02/28)は、横浜市鶴見区役所で、交付前のマイナンバーカード78枚と、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)にアクセスできるカード交付用のノートパソコン1台が盗まれたことを報じています。

市によると、21日に10代の男性職員が戸籍課窓口でカードの検品作業を実施。
別の作業のために離席して戻るとパソコンがなかったが、男性職員は他の職員が片付けたと思い込んでいたといいます。

カードは20代の女性職員が箱に入った状態のものを、一部がなくなっていることに気付かず、保管庫に片付け、翌日朝、別の職員が紛失に気付いたとのことです。

今のところ、ネットワークへの不審なアクセスや個人情報が悪用されたとの報告はないとのこと。

日本経済新聞
マイナンバー交付PC盗難 横浜市、カード78枚も



東京新聞(2017/10/19)は、横浜市の神奈川区役所で保管していた交付前のマイナンバーカード20枚が紛失したことを報じています。
横浜市が18日に発表したもので、誤廃棄や盗難のおそれがあるとのこと。
今のところ、不正利用は確認されていないようです。

区戸籍課によると、先月中旬、区民の女性にマイナンバーカードを交付しようとして紛失が発覚しました。
区は、紛失したマイナンバーカードの電子情報を無効にし、連絡の取れた18人にマイナンバーの変更申請をするよう依頼したとのこと。
また、マイナンバーカードの保管場所を施錠可能なキャビネットに変えたとのことです。


東京新聞
神奈川区役所、マイナンバー21枚なくす 不正利用確認されず





ITPro(2016/12/22)は、横浜市が住基ネット(住民基本台帳ネットワークシステム)に
接続するために運用している「コミュニケーションサーバー」で発生したシステム障害について、
パスワードの変更ミスが原因だったと発表したことを報じています。

障害は12月7日の夜間メンテナンス時に発生し、翌8日に横浜市の窓口でコミュニケーション
サーバーを通じて処理するマイナンバーカード交付などの手続きができなくなる影響が出てい
ました。

今回のシステム障害は横浜市単独のトラブルで、他の市町村に影響はないとのこと。

ITPro
横浜市のマイナンバーシステム障害、待機系のパスワード変更漏れが原因

 

↑このページのトップヘ