勤怠給与人事の便利メモ

勤怠管理、給与計算、人事管理などに関する便利な情報をメモ。

タグ:最新



奈良新聞(2018/09/18)は、県が取り組みを進めてきた「マイ健康カード」の導入について、雲行きが怪しくなってきたと報じています。
「マイ健康カード」は、個人の健康・医療情報を蓄積して健康づくりや医療機関で活用することを目的としたもの。
国がマイナンバー制度のインフラを活用した医療等の分野における番号制度(医療等ID)導入を決定したことで、「マイ健康カード」と重複する恐が浮上しているのです。
 
奈良新聞
導入事業に暗雲 - 国の制度と重複の恐れ/県のマイ健康カード



労働新聞社(2018/08/27)は、経済同友会が、マイナンバー制度の抜本改革に向けた提言を取りまとめたことを報じています。
マイナンバーの利用目的に関する規定の見直しをはじめ、中央省庁や地方公共団体などが行う社会保障・税・災害対策分野の事務以外の分野においても、マイナンバーを利用できるよう改めるべきと訴えています。
 
労働新聞社
マイナンバーの利用目的拡大を 同友会提言



DIGIMA NEWS(2018/08/29)は、ミャンマーのテイン・スェー大臣が、ミャンマー在住外国人にもミャンマー国民と同様に個人番号を交付することを検討しているとコメントしたと報じています。
電子政府を実現するためには国民登録カードの電子化が不可欠だが、それ以前に、国民・在住外国人の区別なく、個人を識別する番号を与える制度を実現するとしています。

 
DIGIMA NEWS
ミャンマー在住外国人にも個人番号交付を検討



ZDNet Japan(2018/08/27)は、西武流通系グループの健康保険組合であるパレット健康保険組合が、ファイル連携ミドルウェア「HULFT」のSaaS型サービス「HULFT-WebConnect」を採用したことを報じています。
今回の採用目的は、パレット健康保険組合が外部加入事業所との間でやり取りする、マイナンバーを含む個人情報などの連携基盤とすること。
「HULFT-WebConnect」は、HULFTのファイル連携機能をインターネット経由で利用できるSaaS。
通信経路を暗号化し、且つ、通信途中で一時ファイルなどの情報の書き出しを行わないとのこと。

 
ZDNet Japan
パレット健康保険組合、SaaS型データ連携ツールを導入--加入事業所とマイナンバー情報をやり取り



徳島新聞(2018/09/06)は、マイナンバーカード交付率が8月1日時点で9.6%と、全国平均11.2%(5月23日時点)を下回っている徳島市が、マイナンバーカードの普及につなげようと、人気アニメのシールを貼った特製カードケースを無料で配布すると報じています。
特性カードケースは、国指定のマイナンバーカード用のビニール製ケースに、アニメ制作会社・ユーフォーテーブルの作品「衛宮さんちの今日のごはん」の登場人物を描いたシールを貼ったもの。
絵柄は2種類。
マイナンバーカードの交付を受ける市民らに配布されます。 
 
徳島新聞
マイナンバー 徳島市が特製カードケース

↑このページのトップヘ