勤怠給与人事の便利メモ

勤怠管理、給与計算、人事管理などに関する便利な情報をメモ。

タグ:扶養控除



扶養控除は、納税者に扶養控除の対象となる扶養親族がいる場合に、
一定金額の所得税の控除を受けることができる制度です。

税金が控除される扶養控除にはメリットばかりとはいえません。
扶養控除を受けるデメリットとしては、下記のような問題が考えられます。

1)年間の収入金額を考慮して働かなければならない。
  給与のみの収入である場合は、年間103万円以下となるよう
  働かなければなりません。

2)傷病手当がない。
  健康保険の被保険者である場合は、傷病手当の受給資格がありますが、
  被扶養者であるばあいは受給資格がありません。

3)出産手当金がない。
  健康保険の被保険者である場合は、出産手当金の受給資格がありますが、
  被扶養者である場合は受給資格がありません。
 



扶養控除とは、納税を行う人に所得税法上の控除対象扶養親族
に該当する人がいる場合は、一定金額の所得税の控除を受ける
事ができるという制度です。

親族が扶養控除の対象であるかどうかは、下記の条件を
全て満たしているかどうかで判断します。

1)その年の12/31時点で、16歳以上。
2)6親等以内の血族および3親等内の婚族である(※配偶者は除く)
3)納税者と生計を一にしていること
4)年間合計所得金額が38万円以下であること
 ※給与のみの場合は給与収入が103万円以下 
5)青色申告事業専従者として給与をもらっていないこと
6)白色申告事業専従者でないこと

6親等以内の血族とは、下記のとおりです。
●1親等血族…両親、子ども
●2親等血族…祖父母、孫
●3親等血族…曾祖父母、曾孫
●4親等血族…高祖父母、玄孫
●5親等血族…5世の祖、5世の孫
●6親等血族…6世の祖、6世の孫

3親等内の婚族とは、下記のとおりです。
●1親等婚族…(直系)配偶者の父母、配偶者の連れ子
●2親等婚族…(直系)配偶者の祖父母、配偶者の孫
 (傍系)配偶者の兄弟姉妹
●3親等婚族…配偶者の曾祖父母、配偶者の曾孫
 (傍系)配偶者の伯叔父母、配偶者の甥姪

 

↑このページのトップヘ