Buzzap!(2018/12/15)は、2018年12月14日、東京・大阪両国税局からデータ入力を委託されていた東京都杉並区の業者システムズ・デザインが契約に反して別業者に再委託し、マイナンバーなど個人情報が含まれる約70万件の書類を流していたことを国税庁が発表したと報じています。

システムズ・デザインは両国税局が企業から提出を受けた給与や住所、氏名、マイナンバーが記載されている源泉徴収票などのデータ入力業務を行っており、同社が再委託先に流した約70万件のうち約55万件にはマイナンバーが記載されていたとみられています。

記事では、この問題の大元の責任は国税庁が繁忙で手が回らなくなる量の業務を委託したこと、マネジメントに大きな問題があると言わざるを得ないとしています。


Buzzap!
マイナンバー55万人分流出、国税庁委託のデータ入力業者が無許可で再委託