朝日新聞DIGITAL(2018/05/11)は、マイナンバーカードを使った新しいサービスが三重県内でも広まっていることを報じています。
三重県津市では、クレジットカードなどのポイントをまとめて買い物ができる仕組みを始めています。
コンビニで住民票を発行する自治体も増えているとのこと。

津市が2018年05月15日から始めたのは、クレジットカードなどのポイントを独自の「津市自治体ポイント」に交換し、買い物に使えるようにするサービス。
総務省の事業の一環です。
マイナンバーカードと買物ポイントの連動は県内初。
津市民に限らず誰でも交換できます。

朝日新聞DIGITAL
三重)ポイント合算・住民票発行…マイナンバー活用拡大