勤怠給与人事の便利メモ

勤怠管理、給与計算、人事管理などに関する便利な情報をメモ。

勤怠管理、給与計算、人事管理に関する役立ちそうな情報をまとめました



岩手日報(2018/06/27)は、盛岡市はが2018年7月から、マイナンバーカードを利用したコンビニでの各種証明書発行サービスを開始することを報じています。

取得できる証明書は「住民票の写し」「住民票記載事項証明書」「印鑑登録証明書」「戸籍の全部事項証明書(戸籍謄本)」「個人事項証明書(戸籍抄本)」「戸籍の付票の写し」「市県民税課税(所得)証明書」です。
手数料は、戸籍謄本と戸籍抄本は450円、それ以外は300円となります。
(市役所窓口と同じ。)

利用時間は午前6時半~午後11時(12月29日~1月3日を除く)です。

 
岩手日報
コンビニ証明書、盛岡でも マイナンバー活用、7月から



Security NEXT(2018/06/25)は、新潟県上越市において、マイナンバーを含む市民税、県民税の特別徴収税額通知のデータが異なる法人へ送信されるミスが発生したことを報じています。
上越市は、特別徴収税額通知のデータを、無関係の法人へ誤送信していました。

給与所得者異動届出書の異動処理を行った際、システムの処理に問題があり、誤った法人コードが付与され、その後の点検作業で見落としがあったことが原因とのことです。

 
Security NEXT
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市



テレ朝NEWS(2018/06/22)は、マイナンバーカードに貯めたポイントで、被災地支援ができるようになったことを報じています
マイナンバーカードは、ICチップにIDを設定することで、クレジットカードのポイントや航空会社のマイレージを「自治体ポイント」として貯めることができるようになっています。
総務省が、そのポイントで被災地を支援する事業を始めたとのこと。
今回、支援の対象になるのは東日本大震災と熊本地震の被災地。

 
テレ朝NEWS
マイナンバー「自治体ポイント」 貯めて被災地支援

↑このページのトップヘ