勤怠給与人事の便利メモ

勤怠管理、給与計算、人事管理などに関する便利な情報をメモ。

勤怠管理、給与計算、人事管理に関する役立ちそうな情報をまとめました



ZDNet Japan(2018/08/27)は、西武流通系グループの健康保険組合であるパレット健康保険組合が、ファイル連携ミドルウェア「HULFT」のSaaS型サービス「HULFT-WebConnect」を採用したことを報じています。
今回の採用目的は、パレット健康保険組合が外部加入事業所との間でやり取りする、マイナンバーを含む個人情報などの連携基盤とすること。
「HULFT-WebConnect」は、HULFTのファイル連携機能をインターネット経由で利用できるSaaS。
通信経路を暗号化し、且つ、通信途中で一時ファイルなどの情報の書き出しを行わないとのこと。

 
ZDNet Japan
パレット健康保険組合、SaaS型データ連携ツールを導入--加入事業所とマイナンバー情報をやり取り



徳島新聞(2018/09/06)は、マイナンバーカード交付率が8月1日時点で9.6%と、全国平均11.2%(5月23日時点)を下回っている徳島市が、マイナンバーカードの普及につなげようと、人気アニメのシールを貼った特製カードケースを無料で配布すると報じています。
特性カードケースは、国指定のマイナンバーカード用のビニール製ケースに、アニメ制作会社・ユーフォーテーブルの作品「衛宮さんちの今日のごはん」の登場人物を描いたシールを貼ったもの。
絵柄は2種類。
マイナンバーカードの交付を受ける市民らに配布されます。 
 
徳島新聞
マイナンバー 徳島市が特製カードケース



産経ニュース(2018/08/30)は、富士通が、ボランティアの管理にマイナンバーカードを活用する調査研究事業を総務省から受託したことを発表したと伝えています。
2020年に開催される東京五輪・パラリンピックでの導入を視野に、2018年11月に宮崎県で開かれるトライアスロン大会で実証実験を行うとのこと。

東京五輪で稼動するボランティアは計8万人に上るといい、登録時の身元確認の効率化が必要不可欠になっています。
ICチップが内蔵されたマイナンバーカードを使用して、氏名・住所などを読み取る案を検討中とのことです。
 
産経ニュース
ボランティアをマイナンバー管理 東京五輪視野に富士通、実証受託

↑このページのトップヘ